医療費適正化分析事業 重症化予防事業 薬局を活用した保健指導事業

医療費適正化分析事業

保険者における医療費の適正化および従業員の健康管理を支援します。1:レセプト分析に基づく受診行動、服薬等に関する介入プログラム2:健診データ等の予測分析に基づくシミュレーション

医療費適正化の流れ

下記事前分析からベンチマークの設定、アクション、評価分析等により効果的な医療費の適正化を行います。

医療費適正化の流れ

分析における3つの視点

メディアラートでは分析を行う際、「技術性」「価格性」「安全性」に対し重点をおいています。

技術性 スピーディー
  • 独自開発のレセプト分析(診療報酬明細書)ソフトを用いる事で高速に処理し、短期で納品します。
  • ・複雑な分析も各種統計ソフトの自動化により、高速に処理します。
価格性 リーズナブル
  • ・従来の委託分析の1/5〜1/10程度を目指します。
安全性 セーフティ
  • ・データの持ち出しを行わず、全てお客様の施設内で作業を行います。

弊社の分析の考え方

一般的な分析の意義

エビデンスに基づく対策の立案、実施、評価

事業主様、健康保険組合様、加入者様それぞれにメリットがありリスク回避にもつながります。

データヘルス事業の具体化に向けてのご支援の例

階層別の各種対策の具体的な方法

Myカルテに基づき、現在の問題点と課題を抽出し、その後の対策について明確なゴールを設定します。

分析に基づくリスク別の対応(層別化)

<高リスク層>へとつながらないよう予防を行い、より<健康層>へ改善するための対策を行います。

分析項目 抽出条件等
重症化予防 薬剤を用いて重症化度を推察する。
受診フォロー
・服薬中断者
服薬中断者を調剤レセプトの処方内容の変化から推察する。
健診後の対応
・未受診者
・管理不十分
レセプトと健診データを突合する事で、状況を判断する。
不適切な受診行動
・夜間休日診療
・多受診者等
レセプトの出現頻度、連続性を加味する。
重複処置
・消炎鎮痛処置等
各種診療行為の頻度(回数/月)、連続性を加味する。
薬剤の重複投与 調剤レセプトより適正処方量の何倍量かを算出する。
後発薬(ジェネリック)への転換 各年代層に応じた対応
高齢者に特徴的な薬剤(頻度、量等)
例)骨粗鬆症薬、前立腺薬、睡眠薬など
生活習慣病重症化予防

1:高血圧性疾患・糖尿病・脂質異常症等の生活習慣病で
  併発しているケース

2:単独でも医療点数が経年で増加傾向にあるケース

メディアラートの健診データ分析の考え方

データはこれから悪化する人を見つける為に活用します

膨大な医療データを基にアラートが鳴るポイントを設定します。

分析のまとめ

メディアラートは分析を通じて発症予防、重症化予防をご支援します。

 

重症化予防事業

薬剤を用いた重症化予防:スコアリングモデルの考え方

既に発症した方の管理はできていますか?メディアラートは薬剤を用いて重症度を評価します。

例)高血圧疾患であれば、血圧の状態の変化に伴って薬剤の内容が変化します。
また、服薬量、薬剤費等も同様に患者の状態の変化に応じて変化します。
この変化を個人毎にモニタリングします。

具体例)降圧剤の変化(併用薬の変化※降圧薬の併用ロジックを参照)
ARB(ACE阻害薬)→ ARB(ACE阻害薬)+Ca拮抗薬→ ARB(ACE阻害薬)+Ca拮抗薬+利尿薬
薬剤名:ブロプレス ブロプレス+アムロジン ブロプレス+アムロジン+ラシックス

重症化予防:薬剤を用いたモニタリング

個人別・支店別の{推移と評価}ができます。また男女別や年代別のデータ抽出も可能です。

 

薬局を活用した保健指導事業